100年の歩み

  • 1917年(大正6年)沿革

    野澤一郎 巴組鐵工所創立

  • 1922年(大正11年)技術・製品

    「巴ポール」開発、送電線鉄塔関係特許取得

  • 1923年(大正12年)沿革

    月島に本社移転

  • 1932年(昭和7年)技術・製品

    DTによる民間大型格納庫納入「ダイヤモンドトラス(DT)」発明
    特許取得(京王帝都電鉄(株) 永福町車庫)

  • 1934年(昭和9年)技術・製品

    DT向け「無足場式骨組方」開発

  • 1938年(昭和13年)技術・製品

    「ダイヤモンドトラス」が発明協会大賞、恩賜記念賞受賞

  • 1941年(昭和16年)技術・製品

    東洋一(当時)の無線塔を納入(船橋超短波無線塔)

  • 1943年(昭和18年)沿革

    豊洲工場建設、生産開始

  • 1946年(昭和21年)沿革

    鉄が手に入りにくいため木工部を設立
    佃の作業所にて進駐軍向け木製ベッドを製作・販売

  • 1946年(昭和21年)沿革

    軍が使っていた酸素の機械の払い下げを受け、工業用酸素の製造・販売を手掛ける

  • 1947年(昭和22年)技術・製品

    戦後初のダイヤモンドトラス 平成29年4月時点で現存(羽田進駐軍格納庫)

  • 1948年(昭和23年)沿革

    東京西銀座に銀座営業所開設

  • 1949年(昭和24年)技術・製品

    当社初の橋梁(建設省四国地方建設局 祇園大橋)

  • 1951年(昭和26年)技術・製品

    27万ボルトの大型送電鉄塔(日本発送電(株) 金井ー西東京幹線)

  • 1951年(昭和26年)技術・製品

    日本初の専用鉄塔試験設備を豊洲工場内に建設

  • 1951年(昭和26年)技術・製品

    格納庫資材店用(後楽園アイスパレス)

  • 1954年(昭和29年)技術・製品

    ダイヤモンドシェル開発 ドーム型第1号(作新学院 体育館兼講堂)

  • 1955年(昭和30年)技術・製品

    世界最大(当時)の可動建築物(三菱造船長崎香焼工場)

  • 1957年(昭和32年)技術・製品

    鉄筋コンクリート造に進出(国立音楽大学)

  • 1958年(昭和33年)技術・製品

    TDKとの本格的取引開始(東京電気化学工業(株)平沢工場)

  • 1959年(昭和34年)沿革

    大阪工場(高槻)完成

  • 1959年(昭和34年)技術・製品

    第1回建築年鑑賞受賞(東北電力(株) 八戸火力発電所貯炭場上屋)

  • 1960年(昭和35年)沿革

    銀座に本社新社屋、合同ビル(本社)竣工

  • 1962年(昭和37年)沿革

    札幌工場(西野)完成

  • 1963年(昭和38年)技術・製品

    ダイヤモンドジム第1号

  • 1964年(昭和39年)沿革

    野澤一郎、11月3日第2回叙勲として勲四等旭日章受章

  • 1964年(昭和39年)技術・製品

    武道場、プール等周辺設備一式を手掛ける(栃木県体育館)

  • 1965年(昭和40年)沿革

    小山工場(現在の小山第二工場)完成

  • 1965年(昭和40年)技術・製品

    大規模ダイヤモンドトラス(常磐ハワイアンセンター)

  • 1966年(昭和41年)技術・製品

    IBM1130システム導入(当時 国内2台目)

  • 1968年(昭和43年)沿革

    大分工場完成

  • 1968年(昭和43年)沿革

    創立50周年式典
    豊洲工場にて全社員を集めて式典が行われた

  • 1917
  • 1922
  • 1923
  • 1932
  • 1934
  • 1938
  • 1941
  • 1943
  • 1946
  • 1946
  • 1947
  • 1948
  • 1949
  • 1951
  • 1951
  • 1951
  • 1954
  • 1955
  • 1957
  • 1958
  • 1959
  • 1959
  • 1960
  • 1962
  • 1963
  • 1964
  • 1964
  • 1965
  • 1965
  • 1966
  • 1968
  • 1968